One Doctor's Bookshelfある消化器内科医の書庫

Menu

過形成性ポリープは癌化するか?SSA/P(sessile serrated adenoma polyp)について

今回はSSA/Pについて書きたいと思います.

90 年台に鋸歯状腺腫の概念が提唱されてから,大腸腺腫は

  • 管状(絨毛)腺腫
  • 絨毛腺腫
  • 鋸歯状腺腫

に分類され

腫瘍様病変のひとつとして過形成性ポリープ:hyper plastic polypの概念が提唱されました.

その後SSA/P:sessile serrated adenoma / sessile serrated polypの概念が提唱され
特に過形成性ポリープとの鑑別が問題となってきました.

なぜ鑑別する必要があるのか?

  
ずばり,癌化するからです.そのあたりについて詳しく述べていきます.

現在hyper類似構造物の分類は

  • 過形成性ポリープ:hyper
  • MVHP(micro vascular)
  • GCHP(goblet cell)
  • MPHP(mucin poor)
  • SSA/P
  • 鋸歯状腺腫:TSA(traditional serrated adenoma)

となっています.

そして今までhyperと言われていたものが癌化するのか?ということが最大の論点となるわけです.

ちょっと話は飛びますが,現在大腸癌の発生としては

  • adenoma carcinoma sequence
  • denovo

の2タイプと言われています.

ここに新たに,”serrated adenoma pathway”なるものが提唱されています.
新潟大学などは,このパターンの癌化は大腸癌全体の5%前後を占めると発表しています.

ここからはそれぞれの特徴について述べます.

SSA/P

  • 右側結腸に多い
  • Ⅰs,Ⅱaタイプが多い
  • 拡大観察でpit pattern Ⅱ型の開口部の広くなっているものが多い

などが特徴です.
ssap
(引用:The Aetiology of Hyperplastic Polyposis Syndrome)

SSA/P

  • 左側結腸に多い
  • Ⅰp,Ⅰspタイプが多い
  • 松毬状と呼ばれる表面構造

などが特徴です.
TSA
(引用:大腸癌研究会)

現在は

  • hyper>10mm
  • TSA>6㎜
  • SSA/P>5mm

は切除するべきと言われているが真相は果たして!?結論はまだ出ていませんが,今回はこれで…

消化器内視鏡 第24巻7号 知ってますか!SSA/Pとその癌化 (消化器内視鏡2012年7月号)

中古価格
¥3,982から
(2014/2/4 23:51時点)

SSA/P特集です.分かり易いです!

Shareしていただけると励みになります!

関連する記事SIMILSR POST

コメント2 comments

  1. 初老の熊五郎

    “過形成性ポリポーシス”を検索していてこちらにたどり着きました。
    差し出がましいようですが、「ここからはそれぞれの特徴について述べます.」以降の記載について、気になる点があってコメントさせて頂きます。
    1項目目の【SSA/P】の画像:SSA/Pなのかも知れませんが、腺管腺腫のLSTでも矛盾しないような印象も受けます(鮮明ではないため見当違いかもしれませんが)。
    2項目目は、列挙された特徴より【SSA/P】ではなく【TSA】の誤植と推定します。また、その前提で考えますと、画像についてはTSAではなく、SSA/Pの画像に思えます。
    間違っていましたら申し訳ございません。

Leave a Reply

* が付いている項目は必須項目です

*

*(will not be published)

著者Author

ryo

ryo

6年目消化器・内視鏡医師です。 日々の経験や症例を紹介しながら役に立った書籍や論文を紹介していこうと思っています。 まだまだ若輩者ですので色々とアドバイスなど頂ければありがたいです。 また私の好きな小説や趣味の世界についても紹介しようと思っていますので、こちらも気が向いたら立ち寄って下さい。

最近のコメントLATEST COMMENTS

page top